G-SHOCK G-COOLに合うサキカン

2014/10/13 20:49 に 鎌田武 が投稿   [ 2015/07/13 7:42 に更新しました ]
G-SHOCKにNATOベルトなどの引き通しベルトを使うにはサキカンというパーツが必要です。
サキカンを付けると24mmという幅の広い引き通しベルトを使用できるようになります、薄い素材なら25mm幅のベルトでもOKです。
サキカンの無いG-SHOCKはカン幅が16mmと細いため、そのまま引き通しベルトをつけるとベルトが細すぎで気持ち悪いです(^_^;)

で、現在入手の容易なのがDW-5600/6900系用のサキカンです、


DW-5600/6900系用のサキカンには時計に付けた時にサキカンが立ってしまわないように裏側にストッパーが付いていますが、
そのおかげで形状の違うG-COOLにつけるとサキカンが寝すぎてしまい縦方向に長いG-COOLではベルトが腕に若干フィットしません、

(※この写真は横楕円のG-COOlにつけているのでまだサキカンが立っていて実はそんなにフィット感は悪くありません、フィット感が悪くなるのは縦楕円のモデルです、更にサキカンが寝そべってしまいます)

そこで裏側にプロテクタの付いているG-COOLですから、ストッパーのないサキカンを取り付けても全く問題なく、


というよりそのほうがよりフィットするのでストッパーのない白いサキカンを探していまして、
つい先日ヤフオクで見つけたのですが、夜遅い時間だったためすっかり時間を忘れていて他の方に落札されてしまいました_| ̄|○

仕方がないので手持ちのDW-5600/6900系用の白いサキカンの裏側のストッパーを削って取り付けてみました。


最初からストッパーのないサキカンと比べると形状のせいで若干寝そべり気味(特に写真の右側)ですが、これで腕にフットするようになってバッチリです(^_^)

Comments