CASIO G-SHOCK DW-6600 海外モデル

2014/04/23 21:41 に 鎌田武 が投稿   [ 2014/08/02 9:34 に更新しました ]
防水表記が200Mになってることと、国内メーカーサイトにはDW-6600BはあってもDW-6600が無いことから海外モデルと思われます。

ケースからボタンを外しての分解洗浄を行いましたが、ボタンのパッキンの経年劣化による変形がここ最近では多めの部類でした、
あとボタンを固定するEクリップが少しゆるい感じ、
韓国製だから?
ベゼルの傷が多いのでハードに使われてきたのだとは思いますが、その割には裏蓋の裏側も意外に綺麗でした、

当初ベゼルが傷だらけだったので加水分解による崩壊を覚悟していたのですが、分解洗浄してみると特に崩壊の兆候もなくまだまだ使えそうです。
ただ、ベゼルが傷だらけなので綺麗に墨入れ出来ません(´・ω・`)

もう一つちょっと微妙なのが裏蓋の刻印
文字が右上がりと微妙に斜めになっています、
鏡面仕上げになっていてプレスの角も通常より鋭角になっていてその点で言えば見栄えは良いのですが・・・


Comments